契約の注意点

生命保険の契約を決めるにあたって、とくに気をつけなければいけないのが「責任開始期」です。責任開始期というのは、保障がはじまるタイミングのことをいいます。申し込んだと同時に生命保険の保障が開始されるわけではないという点に注意が必要です。

たとえば多くの日本人が加入している保険商品にはがん保険がありますが、保険会社によって、保険商品によって異なるものの、初回保険料を支払った日から約90日後に責任開始期が設定されています。仮に約90日ではなく90日とした場合、初回保険料を支払った日の89日後に発見されたがんに対しては、加入した保険の保障の対象には入りません。90日以降、つまり責任開始期以降に発見されたがんのみが加入した生命保険の保障の対象になるというわけです。

責任開始期はがん保険だけでなく、あらゆる保険商品にあると思っておいたほうがいいでしょう。初回保険料の支払いが責任開始期、初回保険料の支払い後○日が責任開始期になっている以外には、これまでの傷病歴やいまの健康状態、している仕事などに関して書類や生命保険会社指定の医師の質問に正直に回答する「告知義務」がありますが(不要な保険もある)、この告知が責任開始期に設定されていることもあり、初回保険料の支払いか告知のどちらか遅く行なったほうを責任開始期とされているケースもあります。