契約の注意点

生命保険の契約を決めるにあたって、とくに気をつけなければいけないのが「責任開始期」です。責任開始期というのは、保障がはじまるタイミングのことをいいます。申し込んだと同時に生命保険の保障が開始されるわけではないという点に注意が必要です。

たとえば多くの日本人が加入している保険商品にはがん保険がありますが、保険会社によって、保険商品によって異なるものの、初回保険料を支払った日から約90日後に責任開始期が設定されています。仮に約90日ではなく90日とした場合、初回保険料を支払った日の89日後に発見されたがんに対しては、加入した保険の保障の対象には入りません。90日以降、つまり責任開始期以降に発見されたがんのみが加入した生命保険の保障の対象になるというわけです。

責任開始期はがん保険だけでなく、あらゆる保険商品にあると思っておいたほうがいいでしょう。初回保険料の支払いが責任開始期、初回保険料の支払い後○日が責任開始期になっている以外には、これまでの傷病歴やいまの健康状態、している仕事などに関して書類や生命保険会社指定の医師の質問に正直に回答する「告知義務」がありますが(不要な保険もある)、この告知が責任開始期に設定されていることもあり、初回保険料の支払いか告知のどちらか遅く行なったほうを責任開始期とされているケースもあります。


最低限知っておきたい用語

見聞きしたことはよくあっても、実は意味を正しく理解していない生命保険関連の言葉があったという人は少なくありません。生命保険会社のホームページやパンフレットをスムーズに読み進めていくためにも、基本的な用語の意味だけでも理解しておいて損はないでしょう。

まず、生命保険の「人」に関する用語を説明しますが、「保険契約者」「被保険者」「受取人」という言葉が出てきます。保険契約者は生命保険会社と保険契約を交わし、契約内容変更などの権利を行使したり、利用料金の支払い義務を負ったりする人です。被保険者は生死・病気・ケガといった契約している生命保険の対象になっている人のことです。受取人は生命保険のお金を受け取る人のことをいいます。

次にお金に関する用語ですが、主なものとしては「保険料」「保険金」「給付金」があります。保険料は保険契約者が保険会社に支払うお金で、保険金は被保険者が死亡、高度障害状態になった際、または満期まで生存した場合に保険会社から受取人に対して支払われるお金です。生命保険の契約は保険金の支払いとともに消滅する形になるのが一般的です。給付金は被保険者が入院した際、手術が行なわれた場合などに、保険会社から受取人に対して支払われるお金のことをいいます。


主契約と特約

生命保険の契約には「主契約(しゅけいやく)」と「特約(とくやく)」があります。個々にどういう契約なのか解説しますので、ご存じない人はチェックしておくことをおすすめします。

まずは主契約の説明をしますが、引越し業者の引越しサービスを例に出すと、引越し荷物の搬出・搬入・トラックの運搬が生命保険でいうところの主契約にあたります。次に特約というのは引越し業者のサービスでいうと、エアコンの撤去や設置、害虫駆除などのオプションサービスにあたるものです。主契約は基本のサービス、特約はオプションサービスという認識をしておけば問題ありません。

主契約は主契約だけで契約することが可能ですが、特約は特約だけで契約することは不可能です。特約は主契約に付加する形であり、主契約の契約が消滅すると特約まで消滅することになります。特約を付加することにより、主契約の保障をより厚くすることが可能です。なお、どういう特約を付加することが可能なのかは保険商品によって異なります。

注意しなければいけないのは、引越し業者のオプションサービスも有料であるように、生命保険の特約を付加することにもお金がかかります。余計な費用負担の増加を避けたい人は、場合によって生命保険の無料相談などをしながら、付加しようと思っている特約が本当に必要かどうかを慎重に検討する必要があるでしょう。


生命保険とは何か

いざ、生命保険に加入しようというときになって、意味を理解していない用語が出てきて困ってしまう人がいます。また、生命保険の契約までになにを行なえばいいのか疑問に感じる人も少なくありません。当サイトでは、こうした生命保険に関する基本情報をお届けしますが、まず一番の基本である生命保険とはなにかを解説させていただきます。

私たちの日常生活していく影には、死亡・病気・ケガ・介護といった多数のリスクがあります。こうした大きなトラブルというのはいったん発生するとまとまった資金が必要となり、トラブルに直面したことが原因となって経済的に困窮してしまう恐れがあります。生命保険ではいつ発生するか不明なものの、一度起こると必要となるまとまった資金を確保することを目的に加入する保険です。

死亡などで受け取れるお金は生命保険に入っている人が一人一人支払っている料金でまかなわれています。これはつまり生命保険は相互補助のシステムで成立しているということです。そのほか、生命保険は老後の生活資金など、将来に必要になる資金を必要になるタイミングにあわせて確保する手段として利用することも可能です。

生命保険がどのようなものなのか、だいたいのことはご理解いただけたのではないでしょうか。当サイトでは生命保険の基本的な用語や契約の種類のことなど、生命保険に関する基本的な情報をまとめています。今後、加入しようと思っている人にとって有益な情報ですので、ぜひご一読ください。